成功へ導く転職術

   

転職時に退社から入社までに必要な書類

転職時には返却したり提出しなければならない書類があり、手間がかかる作業ですがしっかりと行っておきたいところです。
特に新たな職場でスタートを切ろうとした時に書類の不備が発覚し、再び前職の職場に問い合わせを行うのは気まずいだけではなく先方に迷惑をかけてしまうため、可能な限り事前に全てを用意しておくことが大切です。
退職時には会社から支給されたり貸与された書類は、速やかに返却する必要があります。
社員証や入館証などの身分証明書は、その会社の社員であることを証明できるだけではなく部外者が入ることができないエリアにも入場できるなど重要な機能を持っており、退職をすれば部外者となるため返却が求められるため取り扱いには細心の注意が必要です。
名刺は所属や名前が書かれており、取引先様やお客様に自分が何者であるかと知らせるためのものですが、会社によっては返却を求められたり廃棄処分することが指示されることもあります。
また、取引先様やお客様から頂いた名刺は業務上の守秘義務が生じるケースもあるため、会社に返却することが求められる場合もあるほか、通勤定期券はその会社に通うことを理由に割引が受けられることから現物支給されていた場合は返却が求められる場合があります。
健康保険被保険者証は、会社に健康保険組合がある場合には退職と共に自動的に脱退となるため返却する必要があり、会社に健康保険組合が無い場合は全国健康保険協会の管轄となり、そちらに保険証を返却します。
その他にも業務で作成した文書や顧客リスト、会議で使用した資料なども返却します。
これらの書類を後から来社して返却するとなると大変な手間がかかるため、会社に所属しているうちに済ませておきたいところです。
新しい会社に転職した際にはいくつもの書類を提出する必要がありますが、その中には前職の会社から発行してもらったり返却してもらわなければならないものも少なくありません。
離職票は雇用保険の失業給付を受けるために必要で、すぐに新しい会社に転職することが決まっている場合は無くても構いません。
しかし、会社によっては前の会社を完全に退職したことを証明するために提出を求められるケースもあることから、あらかじめ確認して必要があれば発行してもらうことが大切です。
雇用保険被保険者証は失業したり雇用の継続が困難になった場合に一定の給付金を受けられる制度で、正社員や契約社員のほとんどが会社の方で加入しており、給料から天引きされるか会社が支払う形になっています。
保険料を継続して支払うことで給付金の金額も左右することから、既に加入していた場合は新しい職場でも引継ぎたいところで、退職する際に受け取り次の職場に提出して手続きを行うことが大切です。
源泉徴収票は給料が支給される際にいくつかの税金が既に差し引かれた状態になっており、自身が税金を支払う手続きをする必要が無くなったことを証明する大切なものです。
もしもこれが無ければ次の職場でも税金が差し引かれてしまい、多く支払った税金を還付してもらう年末調整を行なわなければなりません。
先にこの源泉徴収票を新しい職場に提出しておけば、前の職場と新しい職場のそれぞれの源泉徴収分を合算して計算されるため、税金を多く支払ってしまうことを防ぐことができます。
年金手帳は厚生年金に加入するために必要で、毎月しっかりと保険料を支払ったことが記録されています。
新たな職場に提出する必要があるため、前の職場から必ず返却してもらいます。
その他にも新たな職場で新規に作成する書類として扶養している家族がいる場合には扶養控除等申請書、健康保険被扶養者異動届、給与を銀行口座などに振り込んでもらうための給与振込届出書などがあります。

書類返却 , 源泉徴収票 , 退職