成功へ導く転職術

   

転職の進め方のポイントは

現状の職場に対して不満がある場合や何らかの事情によって別の仕事を探したいという場合には、計画的に進めることが重要です。無計画に現状の仕事を辞めてすぐに次の仕事が見つかればいいですが、状況によってはしばらくの間、仕事が見つからず無収入状態が続く可能性もあるため、その点は注意しておくことが大切です。
転職の進め方としては、まずは事前準備から始めるといいでしょう。どのような目的で転職をするのか明確にしておくこと、自分が現状持っているスキルやアピールポイントなどもきちんとまとめておくことも重要だといえます。この事前準備をする理由は、あいまいな気持ち、なんとなく次の仕事をみつけようというような感覚とならないためです。どちらかというと、新たに仕事を探すというのはそれなりに大変です。途中で挫折してしまわないように、しっかりと明確な目的意識を持つということが重要なポイントといえます。そして、できれば仕事を探す期間が長期に及ばないように短期間で見つけるためにも、スムーズな行動をすることが大切です。
次は、情報収集です。どのような仕事に就きたいのかという点から自分が興味のある企業などをチェックしてみるといいでしょう。また、もう一つ重要なことは、あまり高望みしないという点です。高望みしてしまうと、採用までのハードルも高くなる点から、自分のキャリア、スキルなどもしっかりと把握して適正な企業を見つけるということが大切です。この点からも、情報収集をして企業に関してより多くの情報を集めることにより自分に合う企業を見つけやすくなります。
情報収集が終わったら、次は書類を作成してみましょう。履歴書、職務経歴書などの書類を作成し応募をすることになります。書類を作る時のポイントとして分かりやすくアピールポイントなどを整理して書くことです。採用側の立場になって考えれば、多くの応募に対してそのすべてを丁寧にチェックするとは限りません。そのため、担当者が見やすい書き方、そして分かりやすくアピールするということを重視していきましょう。もう一つ、応募は早めに行うことも大切です。企業としても、必要な人数を確保できてしまえば、採用なども締め切ってしまいます。この点からも、あまりのんびりと書類作成に時間をかけていると、肝心の募集が締め切られてしまう可能性もあるためスムーズに書類を作成して早めに応募するように心がけることが大切です。
書類選考を通過した場合には、その後面接を受けることになるでしょう。面接時に聞かれることなどは、事前に予想しておき自宅などで面接時の練習をしておくことが大切です。何も準備せずにその場で臨機応変に対応できるというのが理想ですが、誰もがそのように対応できるとは限りません。少なからず面接を受ける時は緊張をすることもあり、うまくしゃべれないケースも少なくないためどのような質問などがあっても大丈夫なように面接前に入念に準備、練習を怠らないようにするということが重要だといえます。
内定が決まったら、入社のための意思の伝達をしましょう。そして、現職に関して退職手続きや引継ぎなどを行います。現職に対して、辞めるとはいえきちんと退職、そして引継ぎを行うようにしましょう。この点をいい加減にしてしまうと、職場の人間関係トラブルとなってしまうこともあり、気持ちよく次の仕事に就くためにもきちんとマナーを守り、社会人として責任を持って引継ぎなども行うことが大切です。
新しい職場では、仕事を覚えることや新しい人間関係の構築をすることも必要になります。慣れるまでは大変ですが、しっかりと働くことやコミュニケーションを密にとり職場で活躍していきましょう。

アピールポイント , 履歴書 , 情報収集 , 面接