Categories: 学歴履歴書資格

転職の資格欄にペーパードライバーは記載した方がいいのか

転職を行う場合には必ず履歴書を作成しますが、そこで企業側が注目するのは出身学校の学科と所持している資格になります。学科に関しては知識があるかどうかの判断基準にするので、仕事に無関係であっても特に問題はありません。やはり仕事に直結する資格に関しては重視する傾向が強く、特に自動車運転については運送関係の業種でなくても利用頻度が高く、持っていない人よりも採用される可能性が高くなると言えるでしょう。しかしここで問題になるのは運転免許は持っているが経験のないペーパードライバーであり、このような人は資格欄に運転免許の所持を記載するかどうかということです。それは就職できて実際に車を運転するような状況になった場合、経験が無いことで事故を起こしてしまうと危惧してしまうからだと言えます。このように運転免許を持っていても運転経験の無い人は、履歴書の資格欄にどのように記載すればいいのでしょうか。
答えから言うと、経験の有無に関係なく運転免許を所持していれば記載して下さい。これは実際の業務で利用しなくても資格なので記載していいものであり、この運転免許は通勤手段にも関係があるので企業側も知りたい項目になっています。企業というのは全てが公共交通機関や自転車などで通勤できる場所にあるとは限らず、不便な場所にあれば自動車を使うことを推奨される場合もあるからです。このように自動車でなければ通勤な困難な場所に会社がある場合もあるので、ここはペーパードライバーであっても履歴書に記載するようにしましょう。
次に実際の業務で自動車の運転をする可能性がある場合です。これは面接の際にその可能性については聞かれることが圧倒的であり、面接では聞かれなくて仕事に就いていきなり自動車の運転について指示されることもありますが、この場合には断ることも可能になっています。ただし面接の時に業務で自動車の運転の可能性があることを伝えられ、その質問に対して了承してしまうと以後に拒否することは難しいでしょう。そのために退職することはありませんが、立場が悪くなってしまうのは間違いありません。そのため面接時に業務で自動車の運転を行ってもらうような話が出た場合には、自分がペーパードライバーであることをはっきりと言って下さい。会社としても経験の少ない人に無理に会社の車を運転して欲しいとは考えないので、就職してから自動車の運転を命じるケースは少なくなります。ただ面接時に自動車運転があることを言われると、会社としてはできれば運転も行って欲しいという考えがあると言えるので、採用に影響を及ぼすのは覚悟して下さい。
このような無用な心配をしたくないのであれば、履歴書に記載する場合には運転免許の所持を書いた後で、補助としてペーパードライバーであると但し書きをするといいでしょう。これは自分の状況を企業側に伝える最善の処置であり、このことで企業側も自動車運転が問題無くできる人なのか判断することができます。車両の運転が専用でなければそれは付随作業になるため、最初から運転が不慣れだとわかれば他の業務に就かすという前提で話を進められます。履歴書には虚偽の内容を記載するのは絶対に行ってはいけませんが、但し書きをするのは特に問題はありません。スムーズな転職活動をする上でも、積極的に活用してみて下さい。
転職というのは企業が自分のどこに注目しているのかわからないので不安も大きいのですが、まずは自分も誤魔化すことなく、ありのままを素直に出すことが大切です。プライベートな不都合な内容まで話す必要はありませんが、業務に結びつきやすい内容については前もって相手側に提示することが大切になります。
admin

Recent Posts

  • IT業界
  • エージェント
  • ポテンシャル採用

転職活動のポテンシャル採用について

基本的に中途採用を行っている企業は、転職…

  • 内定保留
  • 第一志望

転職で内定保留をする際のポイントとは?

転職活動にあたっては複数の企業に求人の応…

  • 書類返却
  • 源泉徴収票
  • 退職

転職時に退社から入社までに必要な書類

転職時には返却したり提出しなければならな…

  • アピールポイント
  • 履歴書
  • 情報収集
  • 面接

転職の進め方のポイントは

現状の職場に対して不満がある場合や何らか…

  • 志望動機
  • 面接

転職の志望動機について

就職時でもそうでしょうが、転職の場合であ…

  • アピールポイント
  • キャリア
  • 年収

転職によって得られるメリットは多い

転職によって得られる一番のメリットは職場…