Categories: IT業界一般常識大手企業情報収集

転職の時に必要がある一般常識テストとは

一般常識は社会人ならば当たり前にあるものですが、転職する次の会社で一般常識を求められることがあります。
大手では特に80%以上の所が一般常識テストを行っていてこの人は本当に自分の企業へ入っていいかを求められます。
全職での経歴や資格だけでなく一般論が備わっているかも転職の時には非常に重要です。
いくら有能な人でも常識がない人を採用することは難しいです。
大手はもちろんのこと最近では中小企業でも3分の1程度がテストを行っています。
需要は今後もっと増えてテストを行う企業は増えていくと予想されます。
では実際にどんなことを行うのかというと企業によって違いは出ますが主な部分は同じです。
種類で分けるとテストには4つの問題があります。主に筆記試験で面接の前にテストは行われることが多いです。
もちろん、このテストの結果だけで判断はしませんが、重視する企業も中にはあるので採用のためにもしっかりと事前に対策をしておいたほうが良いです。
種類の1つ目は、転職希望する人の仕事が適正かを見るクレペリン検査のようなものです。
クレペリン検査をして正確や心理面だけでなく職業の適性を企業側が知ることが出来ます。心理テストのようなものなので難しいことは考えずに思ったまま書くのが良いです。書くとはいってもほとんどが選択問題になっているので難しくはありません。
2つ目は知的な能力やその職業へどれぐらい興味があるのかを調べるテストです。このテストは以前は特にIT企業に使われることが多くプログラマーの適性テストとして使われていました。現在では総合検査SPと同じように、性格の適性と能力の適性を一緒にチェックすることが可能なテストがあってたくさんの企業で使われています。大手中小どちらでも行われています。3つ目はそのままの意味になりますが一般常識があるかのテストです。基礎学力もとても大切な部分で最低レベルの一般のことは分かっていなければなりません。社会人として適正な一般論があるのかを図るテストです。これには事前に勉強をして対策をする必要があります。4つ目は作文や論文です。文章を書かせることによりその人の論理性を見て適正かを判断します。表現力も人それぞれ違うので表現力や文章からどれだけ熱意が伝わるかの熱意チェックとしても使われます。

この4つの中から1つもしくは全部を含めてテストとして出してくる企業があります。
これらのテストを行って採用者は自分の企業に適正かの判断材料にします。
転職者がいくら自分の企業に就きたいと言っても適正次第では全く合っていない場合もあります。
企業側もお金を払う身なので適正に合っていない人は不採用にする確率が高くなります。
職業適性のテストはまだ良いのですが、一般常識テストについては真剣に勉強をしておいて下さい。
文系や理系どちらもあるケースが多く、問題の傾向は企業によって異なります。
ですが、物凄く難しいという訳ではなくて中学レベルから高校レベルまでの問題が多いです。
本屋でも対策として参考書が売られているのでそれを買って勉強するのも良いです。
良く出るポイントや職種別に出やすいポイントをまとめた本など様々な種類が売っています。
テストがある所へ転職をしたい場合は参考書を買って勉強をするのが採用されるコツでもあります。

特に大手企業では採用率も人気な分低く一部の人しか採用されないことも多いです。
自分が不採用にならないように事前にその企業でのテストや面接についてリサーチしておきましょう。

一般常識は転職をする祭に求められることがあるので、もし次の会社でテストがあるならば絶対に覚えてからテストを受けるようにしましょう。
admin

Recent Posts

  • 学歴
  • 履歴書
  • 資格

転職の資格欄にペーパードライバーは記載した方がいいのか

転職を行う場合には必ず履歴書を作成します…

  • IT業界
  • エージェント
  • ポテンシャル採用

転職活動のポテンシャル採用について

基本的に中途採用を行っている企業は、転職…

  • 内定保留
  • 第一志望

転職で内定保留をする際のポイントとは?

転職活動にあたっては複数の企業に求人の応…

  • 書類返却
  • 源泉徴収票
  • 退職

転職時に退社から入社までに必要な書類

転職時には返却したり提出しなければならな…

  • アピールポイント
  • 履歴書
  • 情報収集
  • 面接

転職の進め方のポイントは

現状の職場に対して不満がある場合や何らか…

  • 志望動機
  • 面接

転職の志望動機について

就職時でもそうでしょうが、転職の場合であ…