成功へ導く転職術

   

転職の失敗パターンを考えておく

転職は必ずしも上手くいくものとは限らず、失敗をすることもありますから、上手くいかなかったときのことを考えておかなければなりません。
まず、失敗として考えられるのが新天地を見つけることはできたけれども、馴染むことができなかった、前の職場のほうが良かったというものです。
これは実際に働いてみなければわからないものであるだけに難しいものですが、起こりやすい状況としては、とにかく前の職場を抜け出すことだけが目的となっていて、それさえできればどこでも良いと適当に決めてしまったときに起こりがちです。
このようなことにならないためには、じっくりと転職先の情報を集めて本当に問題ないか、現状よりも良くなるかを考えた上で移るようにしましょう。
それでも相性があるだけに合わなかったとなってしまうことは無いわけではないので、それは職場を変えることのリスクとして頭に入れておくことが大事です。

次に単純にどこからも声がかからなかったというものがあります。
これは現在の職場に新しい仕事を探していることを知られていないのであれば特に問題となりませんが、活動をしていることを知られていると居づらくなってしまうので注意が必要です。
現在の職場に不満があって、出てってやると意気込んだものの声がかからずに今の仕事を続けなければならなくなってしまったとなっては大変ですから、活動をするときにはある程度見込みがつくまでは周りに知られないように行動をするのが良いでしょう。
周りに知られてさえいなければ上手く行かなくても問題となることはありませんし、不満のある現在の仕事も万が一のときの保険になるので、それを考えると行動をしやすくなります。

上記と似たようなパターンですが、働きながら新しい仕事をするのではなく、今の仕事をやめてから転職活動をして結局仕事が見つからなかったという失敗もありがちです。
とにかく今の職場をすぐにでも辞めたい、あるいは働きながらだと仕事を探す時間も取れないからと勢い余ってやめたは良いものの、仕事が見つからず苦しい状況になってしまったという話も少なくありません。
今すぐにでも辞めたい職場の場合には、先に辞めてしまうという選択肢もないわけでなありませんが、それはあくまでも転職をしようと思えばいくらでも成功する人に限った話であり、特別なにか秀でているものがない人は避けたほうが無難です。
どのような仕事であっても今の時代に正社員として働けるのは、生活の安定の面から大きな魅力がありますから、それを捨て去ってしまうのはかなりのリスクが付きまとうことを覚えておく必要があります。

仕事を変えることはできたけれども、待遇が悪くなって生活が苦しくなってしまったという失敗も少なくありません。
特に日本では前職よりも待遇が良くなるよりも悪くなってしまう可能性のほうが多いだけに、職場環境は良くなったものの今度は収入面で不安を抱くことになってしまったということは多いものです。
多少収入が下がってもゆとりが欲しいと考えていても、実際に収入が減ると苦しくなってしまうのは事実ですから、特に待遇面が悪くなる可能性があるときにはよく考えて置かなければなりません。
今は良くても将来的に収入面で不安を感じることもありますから、待遇が悪くなる場合には本当にそれだけの価値があるのかをよく考えておきましょう。
転職を考えたときは、刹那的に行動をしてしまいがちでその結果として余計に失敗をしやすくなっているだけに、事前にどのような失敗例があるのかを頭に入れておくことが大切です。
その上で自分の転職は成功しそうかそうでないかを考えてみると、成功する可能性は高くなることでしょう。

リスク , 情報収集 , 職場環境