成功へ導く転職術

   

転職で内定保留をする際のポイントとは?

転職活動にあたっては複数の企業に求人の応募を行うのが一般的です。一方で、必ずしも第一志望の企業が先に選考が進むとは限りません。せっかく今より良い職場を求めて活動を行っているので可能な限り第一志望への転職に拘りたいものの、世の中それほど現実が甘くないということは社会人経験のあるみなさんであればよくご存知のところでしょう。そのような第一志望でない企業から先に内定が出てしまった場合であっても、選考中のほかの企業の転職活動を続けることは可能です。
これは、一般的に内定をもらってから1週間程度であればその返事を保留することができるためです。これは一般的に「内定保留」と言われる行為です。もちろん相手側の立場を考えた場合には当然少しでも早くその返事を返すに越したことはありません。しかし、企業からもらった内定はすぐに受諾しなければならないという取り決めは存在しないのです。ただし、その求人がそもそも「急募」などを掲げている場合にはなかなかまってもらうこともありません。そのため、そのような求人に応募する場合は事前に決まったらすぐその企業に就職する、という旨に納得した場合のみにするのが良いでしょう。
このような急募でない求人に応募し内定をもらったもののその受諾を保留したい場合には、基本的に1週間程度であれば特に特別な処置を行う必要はありません。しかし場合によっては他社の選考がもう少し時間がかかりそうな場合もあるでしょう。そのような場合には正直に話して待ってもらえるかを相談するのがおすすめです。取り繕って嘘をつくくらいなら正直にその旨を話すのが良いでしょう。特に現在の「転職」は基本的に「売り手市場」です。つまり。応募者が複数の求人に応募していることはほとんどの企業側が想定していることです。そのため、選考過程においても他社の選考状況を聞かれることはよくあります。もちろん自分たちの企業への転職を強く希望している人の方が選考に有利になる部分はありますが、ご自身の価値観に合わない転職を行っては元も子もありません。理解のある企業であれば2週間程度待ってくれることもあるので、単に内定を先に出してもらえたからという理由だけでその企業への就職を決めてしまうのはやめましょう。
なお、内定保留を申し出て企業側から理由を聞かれた場合、基本的には他社の選考が残っていることを正直に伝えるのがおすすめです。ただし、複数応募に理解がある企業だからと言ってその企業に迷惑をかける行為を行うのはご法度です。特に、第一志望の企業の結果を待ちたい言ったあからさまな滑り止め感を相手に伝えてしまっては当然その印象は悪くなるので注意が必要です。入社したい気持ちはあるが、他社の結果も踏まえて慎重に判断し納得したうえで受託したいといった言い回しに充分に注意してその思いを伝えましょう。ただ、どんな言い回しにしたところ他社の選考結果を理由に内定保留を行うことが印象が悪くなるのではないかという不安を抱くのは当然です。確かにすぐに承諾した場合に比べて保留する態度をとることは、ある程度その可能性があることは否定できません。そのような場合におすすめのワードとしては「家族と相談して決めたい」というものです。実際勤め先を変えるということは家族に与える影響は計り知れないのは事実なので、ご自身だけでそのすべてを決めてしまうことはおすすめできる行為ではありません。家族にご自身の思いをしっかりと理解してもらった上で、慎重に納得できる活動を行うことを目指しましょう。あとで元の職場の方が良かったなどと後悔することが決してないようにぜひ万全を尽くしてください。

内定保留 , 第一志望